パナソニックのソイエの体験談

MENU

 

私は家庭用脱毛器が最初に発売された頃から知っていて、アメリカに住んでいた頃、デパートで試すことができて良さそうだったので買いましたが、とにかく痛くて、脚はなんとか我慢ができましたが、わきなどは痛くて使うことができませんでした。

 

それからしばらくしたら、日本でも家庭用脱毛器が発売になって、パナソニックのソイエを買いました。最初のソイエはコードが繋がっていて、お風呂場でも使えませんでしたが、その後に買ったソイエはコードレスで、お風呂でも脱毛することができるので便利だな、と思いました。

 

一回フル充電しておけば30分くらいは使うことが出来るので、充電式は便利だなと思います。

 

もう何年も使っていますが、脚のムダ毛はある程度の長さにならないとソイエが引き抜けないのでその間がちょっと憂鬱です。ソイエでムダ毛をキャッチできるだけの長さになったらいっきに脱毛出来るのでなかなか使用感はいいと思います。

 

長年使っていても壊れないので、ずっと同じものを使っています。壊れたら新しい脱毛器を買うと思いますが、やっぱりソイエを買うと思います。毛が抜けるときにあまり痛くないところがとても気に入っています。使い続けているとムダ毛が少なくなってきたようです。

 

 

私がソイエを使ったのは10代の後半の頃です。

 

その頃のソイエと今のソイエでは性能も雲泥の差だと思います。

 

私が使った当時は、申し訳ありませんが満足できるものではありませんでした。その理由として

 

・音が大きい

 

・毛が埋没する(皮膚の中に毛が生えてくる)

 

なので、長くは続きませんでした。

 

それに脱毛とありますが、機械で肌を抜くだけなのでまた生えてきます。

 

今ではHPを見たらお風呂で泡脱毛とありました。それとかかとのお手入れもできる角質ケア。日々家電は進化していてすごいと思います。

 

同じくパナソニックで光美容器も出ているようです。除毛と光ケア(フラッシュ)ができるみたいです。

 

ただ家庭用はかなり光フラッシュと言ってもパワーがないと思いますのできれいになるには本当に長い時間と根気が必要だと思います。

 

ソイエの後は、ヤンマーのフラッシュの出る家庭用脱毛器を買ったことがあります。ピッといったら少しずつ照射範囲をずらしていってまた照射と根気が必要でした。そして効果が全然出ず、やめてこれもお蔵入りしました。

 

私は家庭用脱毛器で満足できず、サロンにいったくちです。おそらく、そのような方も多いのではないかと思います。

 

根気が続く方で、サロンに行くお金を浮かしたい方は家庭用脱毛器でもいいのかもしれません。

 

 

学生の頃から脱毛シート、脱毛クリーム、毛の脱色、色々な商品を家庭で安価でできる範囲の事は試していました。しかしどれも結局肌があれ、時間がないときはカミソリで、時間があるときは毛抜きで抜いたりもしていました。

 

自分のなかでは毛抜きで抜くのが一番次にはえてくるまでの時間が長く、次にはえてきてもそれほど濃くないので仕上がりは一番好きなのですが、なにせ時間がかかるため、せいぜい脇しか毛抜きではできずにいました。

 

そんなあるとき電気屋で、憧れだったソイエを発見。昔は漠然と「きれいなお姉さんは好きですか?」のCMで、手が届かない美容器具と思っていたのですが、意外と15,000円前後ですぐに買える値段でしたので、すぐに購入し使用し始めました。

 

私が購入しお風呂でたのはボディーソープをつけた体に機器をくるくるとゆっくり回しながら当てていき、器具が毛を抜くという仕組みのものだったのですが、若干の剃り残しがあるものの、大まかに毛抜きで抜いたような状態になりました。

 

長すぎる毛より数ミリ伸びたくらいの方が抜けやすいようで、継続して使用していくと抜く痛みにも慣れてきて、カミソリで剃った後のようなはえかたはしません。

 

初めは少し痛く、抜いたあとの毛穴がぷつぷつ赤く荒れたりしますが一日で赤みは引きます。エステに高額出してまで全身をスベスベにしたい願望があるわけでもないけれど、それなりにきれいに保っておきたい私には家庭用の脱毛器で充分でした。

 

 

カミソリでのむだ毛お手入れを長い間続けていて、肌のキメが荒くなってしまい他の方法を探している時に辿り着いたのがパナソニックのソイエでした。お値段も5千円ちょっとととてもお手頃でしたし、一度手入れをすると1週間ぐらいはむだ毛が生えてこないという良い噂を耳にしていたので試してみる事にしました。

 

最初はちょっとチクチクして痛かったのですがだんだん肌が慣れてきてお手入れ中の痛みは全然感じなくなりました。ところがソイエでお手入れをしていたらむだ毛が皮膚に埋まって生えてこない埋没毛が至る所にある事に気づいて、やはりソイエも私の肌にはどうも合わなかったようでした。

 

次に気になっていた光脱毛のケノンでした。これはネットの口コミでもかなり評判が高い家庭用脱毛器でしたがお値段もかなり高くてちょっと躊躇しました。でも、やはり家庭で簡単に出来そうなので、チャレンジする事にしました。

 

使い方は至って簡単で気になる箇所にケノンを当てるだけで、カートリッジ面も結構広いのでワキのような狭い箇所はものの数分で両ワキともお手入れが出来るので本当に楽チンでした。脱毛効果は1ヶ月位して突然むだ毛がパラパラと抜け落ちてきて、家庭用とは言え、かなりの脱毛効果を実感しました。

 

出力を徐々に最高にしていくと、脱毛効果はより高くなり両腕と両足、両ワキ全ての場所が10ヶ月ぐらいでほぼツルツル状態になりました。今も、数ヶ月に一度は産毛状のむだ毛が生えてくるので、気づいた時にケノンでまめにお手入れを続けています。

 

 

ムダ毛の処理は、ずっとカミソリで行ってきました。けれど、剃ってもすぐに毛が生えてきてしまうことが嫌で、毛抜きも使ってみましたが私は毛の本数が多いので、とても面倒に感じました。

 

ある日テレビのコマーシャルで、家庭用の脱毛器という製品がある事を初めて知りました。それがソイエでした。きれいなお姉さんは好きですか?というフレーズがずっと頭に残り、とてもコンパクトな機械で毛の脱毛が出来て肌がスベスベになるというのが、すごく魅力的に見えました。

 

こんなに楽に自宅で脱毛が出来るなんて、もうカミソリや毛抜きの煩わしさから解放されたいと思いました。しかし値段が一万円少々するので、少し悩みました。姉がいるので、一緒に使おうと説得して半分ずつ出し合ってソイエを購入しました。

 

待ちに待った脱毛器に私は嬉しくなり早速、足のすね毛辺りから使ってみました。すると、とてつもない痛さが襲ってきたのです。機械で思いっきり毛をむしり取られている様で、痛くて中断してしまいました。まさかこんなに痛いとは思いもしませんでした。まとめて抜かれるので、痛みに我慢が出来ませんでした。テレビでは涼しい顔をして女優さんが使っていたので、痛みがあるとは気が付きませんでした。それから、痛さに耐えられず使用するのを一切辞めてしまいました。

 

 

 

私が脱毛器を購入したのは20代前半の時です。

 

それまでカミソリや脱毛クリームで処理していましたが、毛量が多く生えるスピードも早かったため2日するとポツポツと毛穴が目立っていました。エステなどの脱毛にも興味はありましたが金銭的に余裕もなかったので、脱毛器を使用することにしました。

 

ソイエには脚用・脇用など、ヘッドが数種類ついており部位に応じて処理部分の幅が違いました。

 

私は最初に一番幅が広い脚用を使ってみることにしました。

 

恐る恐る足にのせると‥毛をキャッチしてくれない!!私の固めの剛毛には全く効果がなく‥女性らしい柔らかい毛をつかむように出来ていたんでしょうか‥

 

次は一番幅が細い脇用を使ってみました。

 

これは‥すごく痛い!!脱毛なので当たり前ですが、脇のムダ毛はほんとによくキャッチしてくれて面白いくらいに抜けました。抜けた後の肌は毛穴がはっきり分かるくらい真っ赤になっており、制汗剤がしみるので3日使えませんでした。ただ毛穴をいじめた甲斐あってカミソリやクリームに比べてはるかに生えてくるスピードは遅く、生えてきた毛も少し細くなったように感じました。痛い分だけしっかり効果はあるなと実感しました。

 

ちなみに足や手に脇用を試してみたところ‥痛さに耐えられず赤みも目立つため、それ以来していません。

 

自分の肌に合わせて使えば、かなり有効な脱毛器でした。

 

 

結婚、そして育児を経て、久しぶりに社会に出て働くこととなりました。とは言え、資格職ですので、それほどまでには頻繁に露出する機会もないわけです。

 

しかし、夏場の制服はスカートを撰択しないことには、「暑い!」ということもあって、スカートを撰択しているのですが、そうなると脚の毛の問題ですよ。ですから、だいたい10余年ぶりぐらいに家庭用脱毛器を購入することにしたのです。

 

いや、新社会人時代も、家庭用脱毛器は、学生時代に購入した家庭用脱毛器をそのまま使い続けていましたので、もしかすると15年以上も前に購入したものだったかも知れません。

 

まあ、とにかく軽く10年ぶりぐらいに、家庭用脱毛器を購入したのです。そして驚くことと言えば、現代の家庭用脱毛器の進化ですね。

 

購入した家庭用脱毛器は、オーソドックスだと思われるかも知れませんが、パナソニックのソイエです。いろいろと検討した結果、もっともパナソニックのソイエが、価格と機能も手頃だとレビューより判断して、結局ソイエに決めたのです。

 

ちなみに、以前使っていた家庭用脱毛器もソイエです。そして久しぶりのソイエの何にそれほどまでに驚いたのかと言いますと、それはちゃんと抜けることです。以前のソイエはほとんどが、ブチブチと切れていく感じでしたので。現代のソイエでは、脱毛器としては当たり前かも知れませんが、ちゃんと抜けていくことに驚きました。

 

 

 

学生のころからムダ毛に悩まされていた私。ほぼ毎日シェーバーやカミソリでムダ毛を剃っていたらだんだん肌が黒ずんできて荒れがちに。とくにワキはカミソリ負けで剃るたびに血が出てきてしまうようになったので、これは剃るのを止めていっそのこと抜いてみようと、通販で脱毛器を購入。高い買い物なので悩みましたが、脱毛の痛みが少ないというコピーと評判のよさでソイエを選びました。腕・脚用とワキ・ビキニラインのヘッドが付いたものです。

 

届いてからさっそく、ワキで試しました。痛くならないようにすこし化粧水などで保湿したあと、いざ脱毛。すると、ブチブチとすごい音がしたかと思えば、ワキにものすごい激痛が!あまりの痛さに肌に当てるのを止めてワキを見たところ、毛が抜けたと思わるところから血がダラダラ…。シェーバーの先も血まみれでびっくりしました。当て方が悪かったのかと再度別の部位で試したところ、またもすごい音と共に激痛。毛は少し抜けましたが、抜けた箇所からは血が出て赤く腫れ、ヒリヒリしてきました。

 

結局、あまりに痛かったのでそれからは一度も使っていません。ムダ毛が太いタイプのわたしにとっては合わない脱毛器だったようです。ただ、その後きれいに洗ったものを姉に譲ったところ、姉は毛が細いからか使っていても痛みが少なく愛用していました。毛のタイプに合わせた脱毛器を探そうと思います。